ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
メインメニューです。
 

HOME製品のご紹介船舶省エネ製品―球環境保全省エネへの挑戦―

しーもくん

船舶省エネ製品ー地球環境保全省エネへの挑戦ー

‹製品一覧›

各項目をクリックすると詳細へジャンプします。

LED投光器 塗装工法改善 プロペラ低燃費研磨 燃料油性状問題 工場内環境保全

LED投光器

塗装工法改善

プロペラ低燃費研磨

燃料油性状問題

工場内環境保全

お問い合わせは、
船舶修繕部 営業グループ:Tel 083-266-7993 Fax 083-266-8439

Get ADOBE READER AdobeReaderのダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。Adobe、Adobeロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。

LED投光器(陸用・舶用)

LED投光器(陸用・舶用) 当所内の工場天井照明灯として開発し、陸上用の投光器として納入実績を重ね、お客様の需要により舶用LED投光器をラインアップしました。
防水防塵・耐熱・対衝撃などあらゆる試験をクリアし、船舶の過酷な条件化でも使用可能です。
また、従来の水銀灯と比較して約1/3以下の消費電力を実現し、発電機関の負荷低減により環境及び経済性に貢献します。

GL100シリーズ(PDF/916KB)PDFアイコン
GL400シリーズ(PDF/994KB)PDFアイコン

塗装工法改善

塗装工法改善 船舶が海水中を航行する際に、海水による摩擦抵抗が大きな問題となります。この摩擦抵抗をなくすことは困難(最近の新技術は存在するが高価)ですが、ミニマム化できればその効果は大きいと言えます。また流体力学的に船体を考えていくと、船体表面粗度に敏感な場所と鈍感な場所が存在します。
そこで、現状の塗装工法において、表面粗度に敏感な場所と鈍感な場所を区別した塗装工法を採用する事で、範囲は少なく効果を最大限に出すことが可能となります。

船体表面粗度による海水摩擦抵抗増減に関する考察(PDF/119KB)PDFアイコン

プロペラ低燃費研磨

プロペラ低燃費研磨 船体・プロペラに受ける抵抗エネルギーを減少させることにより、主機関が受けていた負荷が軽減され燃料消費削減及びCO2排出量減に貢献することができると共に、地球環境・経済にも満足して頂ける改善と考えられます。
我が社では地球環境保全の貢献として「省エネ研磨」を望まれる船主殿に際し、無償で提供する事としております。

地球環境保全への貢献«プロペラ低燃費研磨»(PDF/313KB)PDFアイコン

燃料油性状問題

燃料油性状問題 近年、内航船の燃料油(C重油)に於いても燃焼障害が発生する問題が続発し、船主殿が苦慮している状態となっています。弊社では燃料油(C重油)性状の調査並びに本船の日常メンテナンスを聴取して、何が問題となっているかを船主殿と共に協議し、その方策を検討する事としました。
また、今後第三次の排ガス規制強化が進められる中、留出油への移行等、舶用燃料油は劇的に変化する可能性があることも認識し、(財)日本海事協会殿の資料を活用し、現在の燃料重油の問題を理解して、安全運航に貢献する事を目的としています。

燃料油性状問題と機関障害発生の相関について(PDF/1.03MB)PDFアイコン

工場内環境保全

工場内環境保全 内燃機関やポンプ類、冷却装置等の洗浄作業等によって生じた排水に含まれる油分の除去を目的として汚水処理設備を設置しています。
水分を含まない(分離する必要のない)廃油は汚水溜りに流さず、別置きの廃油タンクへ分離しています。これにより地球環境保全・廃棄物排出量削減に貢献しています。

処理水の再利用フロー(PDF/280KB)PDFアイコン

 

ページのトップへ戻る